敏感肌におすすめのスキンケア♪乾燥肌で悩んでいる方はセラミド!

こちらの商品は、オールインワンゲルではないのですが、乾燥肌の悩みには、エトヴォスのセラミドスキンケアがおすすめです。

 
モイスチャーラインお試しセット
【セット内容】(2週間分)
・クリアソープバー10g
・モイスチャライジングローション30ml
・モイスチャライジングセラム10ml
・モイスチャライジングクリーム5g

⇐詳しくはコチラの画像をクリック♪

セラミドの補給こそ、スキンケアの基礎といえます。

★セラミドって?

肌の細胞の隙間でスポンジのようにうるおいを抱え込むのがセラミドです。
もともと体内にある成分で、お肌や髪のうるおいに欠かせない働きをします。

加齢や不規則な生活、気候の変化、環境の変化などによって、セラミドの量は減ってきます。
セラミドが不足すると、肌のバリア機能が低下することになり、肌内部からの水分維持ができにくくなり、隙間からうるおいが逃げて乾燥肌になったり、外側からの刺激に揺らぎやすい肌になってしまいます。

セラミド不足の肌
バリア機能が低下し、うるおいが逃げやすく外部からの刺激も受けやすい肌に・・
健康な肌
ヒト型セラミドが細胞と細胞の間を埋め、水分を抱えて逃さないみずみずしい肌に♪

肌はもともと生体を維持するためにバリア機能を持っています。
このバリア機能を助けるのがセラミドです。セラミドが肌にあることで水分をたっぷりと含んだみずみずしい肌が保たれるのです。

毎日の洗顔だけでもセラミドが失われているため、スキンケアで補うのが理想的です。

皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズの『セラミディアル』は、
保湿に大切な「ヒト型セラミド」、タイトジャンクションの形成を促す「POs-Ca」を配合し、お肌の内側の水分蒸発を防ぐことで、もっちりとうるおう肌に導きます。

最近、セラミドには肌の美白作用やメラニンの生成を抑制する作用も報告されています。

※1)細胞と細胞のあいだで水分を抱える働きをメインで担う

★敏感肌の原因

一般的に敏感肌と呼ばれるお肌は、健康なお肌に比べて肌のバリア機能が低下しています。肌の「バリア機能」とは、肌表面にあるわずか0.02mmの角質層がうるおいを蓄え乾燥と外部刺激から肌を守る役割のことです。お肌から水分が失われることを防ぐ、お肌に備わっている機能のことです。

肌のうるおいを保つためには、このバリア機能がすこやかに整っている必要があります。
「肌が乾燥し、外部刺激を受けやすい」ということはこのバリア機能が低下している証拠です。
つまり、敏感肌・乾燥肌は、このバリア機能が低下しています。

肌には本来保湿成分をつくり、角質層内に水分を蓄えておく力が備わっており、3つの要素で成り立っています。
①「天然保湿因子(NMF)」
②「細胞間脂質」
③「皮脂膜」です。
この3つの要素はそれぞれ角質層の中での役割が異なるため、どれも欠かすことが出来ません。

角質細胞内にある「天然保湿因子(NMF:Natural Moisturizing Factor)」は、
角質層の中で水分を含み、保持する役割があります。

角質細胞同士をつなぐのが「細胞間脂質」です。
細胞間脂質にはセラミドやコレステロール、遊離脂肪酸といった成分が含まれています。
この細胞間脂質は肌の中の水分を留める役割があり、天然保湿因子(NMF)を安定させるためにも必要な成分です。

「皮脂膜」は、肌の表面の膜となり、水分の蒸散を防ぎます。

皮膚のバリア機能には角層細胞間で水分を保持するセラミドをはじめとする「細胞間脂質」、角層細胞の中で水分を引き寄せる「NMF(Natural Moisturizing Factor, 天然保湿因子)」、お肌の表面で水分の蒸散を防ぐ「皮脂膜」の3つが重要な役割を果たしており、これらは「バリアの3因子」とも呼ばれます。

顆粒層
角質層と一緒に肌のバリア機能を発揮する部分。
紫外線を肌の奥へ浸透するのを防御する役割もある。
またNMF(天然保湿因子)や細胞間脂肪(セラミド)がつくられる部分。

このバリアの3因子が少なくなるとお肌は乾燥し、さまざまな刺激に敏感に反応して、かゆみや赤み、かぶれなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

肌トラブルやお肌の乾燥は、肌のバリア機能をさらに低下させるという悪循環も起こします。

敏感肌や乾燥肌の方は、肌のバリア機能を正常に保つために毎日のやさしいスキンケアが重要です。
スキンケアによって敏感肌・乾燥肌を改善するためには、正しいスキンケアをおこなうことが大切なのです。
お肌に合ったスキンケア化粧品を選ぶことはもちろんのこと、正しく使うこともとても大切です。

生活習慣などが原因の敏感肌の方は、まずは正しいスキンケアや生活習慣を見直すことでバリア機能を正常化することが大切です。

お肌が敏感になっているときには、お肌への負担をなるべく減らす環境を整えることや、肌のバリア機能をまもり、補うスキンケアをおこなうことをおすすめします。

★敏感肌のタイプをチェック

◆敏感肌のタイプによって成分をチェック◆
敏感肌用のスキンケアを選ぶ際、大切なポイントは自分の肌タイプを知ることです。
一括に敏感肌と言ってもタイプはさまざま。自分の肌悩みにあった敏感肌用化粧水を選ぶポイントをご紹介します。

❒肌がカサつく「乾燥性敏感肌タイプ」にはセラミドなどの高保湿成分
敏感肌ではお肌が乾燥しがちです。
敏感肌・乾燥肌の方は保湿によって皮膚のバリア機能をサポートすることが大切です。
健康で美しいお肌は、水分と油分のバランスが整っていて、なめらかで潤いがありますが、バリア機能が低下したお肌は、水分を保持できないため、みずみずしいお肌を保てず乾燥しがちです。
化粧水で乾燥したお肌に水分を与え、乳液やクリームなど油分の入った保湿剤を重ねて塗布し、水分の蒸発を防ぐことで、保湿効果を高めます。



❒ニキビ肌に悩む「脂性敏感肌タイプ」はビタミンC誘導体や天然保湿因子など医薬部外品
⇛ニキビ肌のスキンケアの記事はコチラ♪



★敏感肌・乾燥肌のスキンケアの3つのポイント

①敏感肌向けに開発された化粧品を選びましょう♪
使用するスキンケア化粧品が刺激にならないように、敏感肌向けに開発された化粧品を選びましょう。これらの化粧品では開発段階でお肌に刺激を与えないか確認がされており、さらに敏感肌の方が実際に使用する使用テストがおこなわれていることも多くあり、安心です。

②自分のお肌に合うかチェックしましょう♪
環境や季節によってお肌の状態はさまざまです。サンプルやテスター、トライアルセットなどで自分のお肌に合うかどうかを試してから使い始めましょう。

③正しく使いましょう♪
どんな化粧品も自己流の使い方では、せっかくの効果が充分に得られないこともあります。使用する手順や使用量など説明書をよく読んで、正しい使い方をまもることがとても大切です。

モイスチャーラインお試しセット
★セット内容★(2週間分)
・クリアソープバー(洗顔石けん)10g
・モイスチャライジングローション(化粧水)30ml
・モイスチャライジングセラム(保湿美容液)10ml
・モイスチャライジングクリーム(保湿クリーム)5g

⇓詳しくはコチラの画像をクリック♪


敏感肌 おすすめ スキンケア
乾燥肌 悩み おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です